仏会話スクールに通うなら、日本人のバイリンガルの先生

フランス語の会話スクールというと、日本では殆どの場合はフランス人、またはフランコフォンの先生になるのではと思います。

それでも、日本人の先生がいいと私が思う理由は、努力してフランス語を身につけたバイリンガルの人は無条件ですごいと思うからです。

フランス語を学んだ人だからこそ、わかる苦労

フランス人やフランス語圏の人が、フランス語が出来るのは当たり前です。しかし、非ネイティブの日本人が、フランス語に堪能だったら、それは話が違います。それ相応の努力がそこにはあります。

日本語文法と比べたフランス語の難しさや、日本人が陥りやすいミス、日本人がうまく発音するにはどうすればよいかなど、日本人だからこそ教えることができるポイントは非常に多いものです。

何より、このフランス語の難しさを乗り越えてマスターしたという人がそばにいるというのは、それだけでモチベーションになるはずです。

授業はフランス語、質問は日本語で

もちろん、基本的にフランス語の授業を期待する場合は、「質問の時以外はフランス語でお願いします」と前以て伝えておけばいいわけです。

photo by jasohill

photo by jasohill

日本人の先生の一番のメリットは、わからないところがあった時。

フランス人の先生で必ずフランス語で話さなければいけない場合、「まあいいか・・・」「帰って自分で調べよう」となってしまいがちだったり、質問自体がうまく伝わらない可能性があります。

でも日本人の先生ならば、その場で自分の言葉で聞くことができます。

教える意欲の高い先生ならば、日本人がうまくフランス語を理解するのにどうしたらよいか考え、真剣に答えてくれるはずです。

初心者こそマンツーマンで

これはカリスマ同時通訳者の関谷英里子さんの著書にあったのですが、その通りだなと思ったのでご紹介させて頂きます。

それは、初心者はマンツーマン、中級以上はグループレッスンを、というスクールの活用方法。

というのは、特に初心者はグループレッスンの中では「私は話せないから・・・」と発言をしなくなってしまいがちだからです。これは私にも覚えがあります(笑)。

また、中級程度にレベルが上がってくると、上達のスピードがだんだん少しずつになり伸び悩みの時期に入ってきます。グループレッスンで他の人の発言を聞くと、「こんな表現方法もあったのか」と新たに勉強にもなりますし、仲間がいることでモチベーションを保つきっかけになるのです。

日本人の先生がいなかったら、日本語堪能なフランコフォンの先生でも

上記のような理由から、私は日本人の先生をオススメしますが、なかなかそのような優秀な先生は、ネイティブの先生よりは少ないかもしれません。

その場合は、やはり質問は日本語で出来る、バイリンガルのフランコフォンの先生でもいいと思います。

もちろん、ただ闇雲にネイティブの先生ならいいというわけではなく、フランスや母国で「フランス語教授法」のディプロムを取得していることが、ネイティブの先生を選ぶ最低条件です。

その上で、日本語が堪能であれば、それだけ日本語を勉強してきたということですから、日本語とフランス語の文法の違いや日本人が理解しにくいポイントなどもわかってくれると思います。

仏会話スクールがいくつかあれば、何件かトライアルを受け、よさそうだなと思う先生にお願いしましょう。よい先生と出会えるといいですね!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください