仏語を勉強すると、英語力も上がる?

私はフランスを勉強し始める前は、英語を勉強していました。

英語の参考書

父の持っていた参考書を私も愛用していましたので、かなり年季の入ったものもあります・・・。

フランス語を勉強し始めてからは、以前のように英語をがっつり、という勉強はなくなりましたが、ラテン語由来の語彙が多い英語の語彙力が、フランス語を勉強するようになってから上がったと思います。

※フランス語はラテン語系の語族です。

英単語の接頭辞や語幹が、仏語の基礎単語に近い

例えば、英語のpresent(形容詞「出席している」)という単語を見てます。

ジーニアス大辞典によると、語源について以下のように書いてあります。

初14c;ラテン語 preaeesse(近くにいる).pre-(前に)+-es(ある、存在する)+-ent(状態)

フランス語(もしくはイタリア語・スペイン語でもいいです)を知らないと、「ふーん」で終わってしまうかもしれません。

しかし、フランス語を勉強すると、ピーンと来ます。

pre-(前に)→ près (副詞:近くに)
esse (ある、存在する)→ être(動詞:ある、存在する)

どちらも初級で学ぶ単語です。

英語で意味を既に憶えていたとしても、フランス語を勉強しているとこのような言語の繋がりを発見することが非常に多いです。

結果、英語の語彙力がアップしたと思います。

殆ど試験対策しなかったけど、TOEICの点数が上がった

英語をだいぶ勉強したな、と思ったとある頃に受けたTOEICは810点でした。

それから約5年後、久しぶりにTOEICを受けました。もう英語はあまり勉強していなかったので「下がったら嫌だなー」と思っていたのですが、結果は30点アップの840点。

TOEICの点数表

仏語の学習が、結果的に英語の力を下げないどころか、押し上げてくれたのかもしれません!?

今は引き続き、英語もやる気が出れば勉強

最近は国内でも外国人の友人が出来、英語を使える機会が少しだけ身近になりました。

仏語の勉強だけでなく、時々は英語にも触れるようにしています。

とは言っても、机に向かってがっつり、という訳ではなく、NHKのテレビ番組「おとなの基礎英語」や「スーパープレゼンテーション」を視聴しているだけですが(笑)。

英語は、ノルマン・コンクエストでフランス語に影響された時代があり、ゲルマン語系・ラテン語系と分類学上は大きな違いがあるにも関わらず、語彙や語順などが非常にフランス語に近いです。

フランス語を勉強されている方は、時々は英語も勉強してみては如何でしょうか。相乗効果で英語力もアップすると思いますよ!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください