Gmailの設定をフランス語に

フランス語の勉強を続ける日々が続いておりますが、「これはとにかくフランス語環境を作るしかない!」という訳で、Gmailの表示設定をフランス語にしました。

私はいくつかのメールを、全てGmailで一元管理していますが、他にも使っている方は多いのではないでしょうか。

設定は簡単に出来ます。

1.画面右上の設定マーク(ギアのアイコン)をクリックして開き、「設定」を選択。

Gmailの言語設定1

2.一番上の「Gmailの表示言語」で「Français」を選び、画面一番下の「変更を保存」ボタンを押せば完了。

Gmailの言語設定2

フランス語でわかりづらかったら、同じ手順ですぐに日本語に戻せます。

※ちなみに、outlook.comでも言語設定変更が可能です。

当然ですが「受信トレイ」や「下書き」などの表示が全てフランス語になります。やはり新鮮ですし、月の名前の略し方など、ちょっとしたことですが勉強になりますね~。

Gmailフランス語表示

早速この設定でメールを送信してみましたが、送信完了メッセージも当然ながらフランス語で、とても新鮮であると同時にまだ違和感もあります。

しばらくはこれで使ってみて、よりフランス語に慣れたいと思います。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください