NHKのフランス語講座を活用!

入門者に一番オススメの教材は、やはりNHKラジオ・テレビのフランス語講座です。

NHKフランス語講座

NHK語学番組|フランス語の番組

ここ数年のプログラムでは、ラジオは毎週月・火・水の3回、テレビは水曜日の夜の1回です。私はラジオは現在はやっておりませんが、テレビのフランス語講座は見ています。

NHKラジオ・フランス語講座のいいところ

著名な講師陣・よく練られたプログラム

NHKのラジオ講座は、歴史があり、講師陣も著名で実績のある人ばかりです。内容もうまく作られていて、まさにステップ・バイ・ステップでフランス語の基礎を学ぶことが出来ます。

1回が15分と短く、毎回少しずつの内容を学んでいきますので、無理がありません。溜めないようにやるだけです(笑)。

毎年4月と10月にはゼロからスタートできる

いつスタートしてもいいのですが、だいたい6ヶ月単位でプログラムが作られていますので(10月からのプログラムは前期の続きとなることもありますが)、ゼロから学びたい場合は4月か10月がチャンスです。

テキストが安い!

テキストは2013年度は420円(税込み)という、お財布に優しいお値段。

ラジオを聴くだけならタダ!(笑)ですが、初心者の方はテキストがあったほうがもちろんわかりやすいです。コラムなどもあり、読むと面白いですよ。

NHKラジオ・フランス語講座を聞くのに便利なもの

ラジオ講座は毎日決まった時間に流れるので、その時間にラジオの前にいられることが理想ですが、社会人だとなかなか難しいという方も多いと思います。

インターネットがあれば、NHKのサイト「まいにちフランス語」のページから、前週の放送がストリーミングで聴けます(無料登録が必要です)。

また、Radikaという無料ソフトなら、生放送をパソコンに録音することも可能です。ちなみに、私は今は懐かし?MDラジカセで、MDに生放送ラジオを録音しておりました。今はオリンパスなどから1万円前後で買えるラジオ録音機も出ています。

ただし、録音出来るとすぐ溜めてしまうので、いまいちオススメできません(笑)。

私のオススメは、生放送を集中して聴きやり終え、翌週ストリーミングで3回分を一気に復習する方法。ストリーミングは何回でも聴けますので、わからなかったところはしっかりチェック出来ます。

復習は記憶の定着に非常に大事ですので、2回・3回とやるのは語学だけでなく学習には効果的です。

NHK教育「テレビでフランス語」の活用法は?

一方、テレビはどちらかと言うと、学習というよりはエンターテイメント性が高いプログラム構成です。でも講師の先生はもちろん一流。

しかし映像があることで、内容が掴みやすく、「本日のフレーズ」を画面を見ながら(実際の場面を想像して)アウトプットの練習をするだけでも、ラジオとは違った臨場感を持ちながらの学習となります。

なんとなーく見ているだけでも楽しめるので、モチベーション維持には持ってこいでしょう!

私はこちらは今でも見られる時には楽しみながら見ています。川竹センセイがダンディで好きです♪

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください