googleを辞書代わりに使ってみる

仕事だけでなく、プライベートでもフランス語でメールをする機会がちょこちょこありますが、私がよく使っているのが、スペルが怪しい時や、単語の使い方がわからないときの「google頼み」です。

copyright (c) keso s

copyright (c) keso s

google chromeというブラウザでも、フランス語をスペルチェックの言語として設定しておけば、単語をドラッグした際に正しいスペルを表示してくれます。

更にgoogle検索を併用すれば、フランコフォンが実際その単語をどのように使っているかも確認できるので、よりナチュラルな仏語習得に便利です。

ちなみにこの方法、同時通訳士の関谷さんの著書でも紹介されていました。「私もやってるー!」とちょっと嬉しくなりました(笑)。

google検索利用の例

例えば、「フランスチームはW杯で勝った」とフランス語で書きたいとします。

L’équipe de la France a gagné à la coupe de monde.

と、とりあえず作文してみたところで、この文章全体をgoogle検索にかけてみます。

すると、こんな感じで検索結果が出ます。

googleを辞書に

赤線を引いたところに注目してみて下さい。

「フランスチーム」は、

× l’équipe de la France
○ l’équipe de France

「W杯」は

× la coupe de monde
○ la Coupe du monde

こういった細かい違いが、google検索をかけてみるとわかります。

最初の仏作文のままでも多分通じるのだとは思いますが、ネイティブがどのように使っているかが検索によってわかるので、よりナチュラルなフランス語に近づけます。

ちなみに、「日本チーム」はフランス語では、「l’équipe du Japon」です。「フランスチーム」は何故か「l’équipe de France」と、国名に定冠詞が付かない扱いですが、日本の場合は付いています(du = de + le)。大変に不思議です。

※追記:女性名詞の国や地域の場合、前置詞deの後に定冠詞は付かないのだそうです。Grammaire expliquée du françaisに載っていました。「article zéro(ゼロ冠詞)」と呼ぶそうな・・・。

google予測機能も面白い

メールなどでいい文言が見つからないな、と言うときなど、google検索の予測機能を使ってみても面白いです。

例えば、以下はgoogleの検索画面で、「je suis f….」まで入力してみたところ。

googleを辞書に

色々な表現が出てきます。

フランコフォンの人は、1人称単数でêtreに続くfで始まる単語では、fatigué(疲れている)とか、fou(バカだ)とかをよく使うのだな、というのもわかります。

「Je suis franc maçon」という、使ったことのない表現も表示されましたので、早速調べてみました。「意味:フリーメイソン」・・・日本語でも使ったことがないですが、ウィキペディアによれば「友愛結社」だそうです。新たに勉強になりました。

色々なアルファベットで試してみて下さい。きっと自分が知らない表現が見つかりますよ!

google chromeで、仏語をスペルチェック言語に設定する方法

これはgoogle chromeというwebブラウザの機能の一つで、、gmailなどブラウザ上で仏語を入力するときに、スペル間違いに自動で赤波線が引かれたり、単語をドラッグすると正しいスペルを表示してくれます。

  1. chrome://settings/にアクセス
  2. 画面一番下の「詳細設定を表示・・・」をクリック
  3. 「言語」項目の「言語と入力の設定」をクリック
    google chormeスペルチェックの設定
  4. 左下の「追加」ボタンをクリックし、フランス語を追加する
  5. フランス語を選択したときに、「スペルチェックに使用する言語」と表示されていればOKgoogle chormeスペルチェックの設定

フランス語にスペルチェック言語を設定すると、その他の言語(例えば英語)をタイプする時に、「スペルが(仏語のそれと)違う!」と、やたら赤波線が自動で出てきてしまうのが、若干面倒臭いと言えば面倒臭いですね。

という訳で、文明の利器googleを是非、フランス語の学習に役立ててみて下さいね!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください