フランスの語学学校のテキスト

フランスから帰国してから暫く見てもいませんでしたが、フランス語の学習を再開したので、フランスの語学学校の授業で配られて勉強していた資料を久々に引っ張り出して広げてみました。

フランスの語学学校の学習資料

結構勉強していたような、しかしまだ努力出来たような・・・。単語も、今更ながらさっぱりわからないものばかりです。

私が最後に3ヶ月いたNiveau Avancéのクラスでは、月末にDELF B2の教材を使ったテストがありました(ただしproduction orale – 面接問題はなし)。

CE: compréhension écrite 読解
PE: production écrite 作文
CO: compréhension orale 聴き取り

フランスの語学学校のテスト

しかし・・・ひどい点数です。これはNiveau Avancéにて2ヶ月目の点数で、3ヶ月目はもうちょっと良かったかと・・・。

DELFは確か半分以上得点出来ていれば受かるシステムだったように思うので、まあ及第点ではあるのかもしれませんが、満足できる内容ではないですね。やはり語彙力がないために、特にC/E(読解)の得点率はひどいです。原因がわかっているのに何故この頃はもっと本を読んだりしなかったのか、悔やまれます。

私が通ったフランス語の学校は、テキストを使わず、先生が自由にカリキュラムを組んで展開するタイプの学校で、先生の能力が内容を大いに左右する授業だったと思います。人数も7~8人で、ほぼ全員の国籍が違うという、非常に刺激的なよい環境でした。

このレベルから下がらないで少しでも上がるように、頑張りたいと思います。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください