en + les = ès !?

毎日の学習(Figaroの記事を精読+ディクテ)に加えて、むかーし5年前に買ったきり、開いてもいなかった仏検2級の問題集を復習を兼ねてちょろちょろやってみたりしています。

仏検2級突破

その問題解説の中に、こんな一文が・・・

en + les が縮約されて、èsになることもここで覚えてください。

Il est docteur ès sciences (ès lettres).
彼は理学(文学)博士だ

仏検2級突破」石井睛一・鳥居くらら P.26

「ès」・・・これは新しかった・・・。

文法書を見返してみましたが、フランスで買った現在愛用中の最強文法書(と私は思っている)「Grammaire Expliquée Du Françaisレビュー)」には載っていませんでした。

プチ・ロワイヤル仏和も見つつgoogleでもどのように使われているか確認してみましたが、どうも学士号や博士号を表す場合に使われることが殆どのもよう。

学問分野の名称が単数名詞の時は、enを用いる(プチ・ロワイヤル仏和より)そうで、これはその学問の仏単語が、複数か単数かもセットで覚える必要がありそうではあります。

  • docteur ès sciences 理学博士
  • licence ès lettres 文学学士
  • docteur en droit 法学博士(単数)

一方、同様にフランスで買った仏仏辞典「Robert micro(←紹介ページに飛びます)」で「ès」をひいてみると、こんな一文が・・・。

On dit couramment docteur en lettres; licence en sciences, licence de sciences.

一般的には「en」とか「de」を使うそうです。

そこで、「en lettres」と「ès lettres」をgoogleで完全一致検索してみると、前者が約161万件の検索結果に対して、後者は約51万件の結果が出ました。

googleの検索結果

「en sciences」「ès sciences」ではもっと顕著な差が現れました。
※「en~」987万件、「ès~」80万件弱。

もしかしたら、èsは消えつつある前置詞なのかもしれませんね。

一応はそういう前置詞もあるということで、使わないかもしれないですが覚えておくことに致します。ただ、仏検2級の対策本に解説されているくらいなので、このような一般的でなさそうな前置詞も、少なくとも仏検には出るのでしょうか・・・?謎です。

仏検2級突破

  • 著者 石井睛一, 鳥居くらら
  • 価格 ¥ 2,700
  • 発売日 2009/3/19

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください