ベルギーのフランス語

当サイトで紹介している「東外大言語モジュール(エントリーはこちら)」のフランス語講座の中にはありませんが、 ベルギーのフランス語というのも、微妙にフランスのフランス語と違って興味深いです。

フランスにいた時、ブリュッセルに住むイタリア人の友人(共通語:フランス語)を訪ねて2週間程ベルギーに滞在しておりましたが、フランス語が微妙に違うので、色々と勉強になりました。

ブリュッセル

発音はフランス(パリ方言)と似たようなものだと思いますが、細かい所で違う言葉が結構あります。

ベルギー仏語の数詞は憶えやすい

フランス語の数詞は、70以上は一風変わった数え方で苦労している人も多いと思います。何故か突然、70以上は数え方が変わるんですよね。

  • 70 ← 60 + 10 soixante-dix
  • 80 ← 4 x 20 quatre-vingts
  • 90 ← 4 x 20 + 10 quatre-vingts dix

といった感じです。私も未だに、70以上の時は頭の中でそろばんをはじいたりしてます。

一方、ベルギーでの数の数え方は、フランス式ではなく普通の10進法です。

  • 70 ← septante
  • 80 ← octante
  • 90 ← nonante

ブリュッセルで買い物をした際、金額で[90 nonante]を聞いた時は、最初何を言われているのか理解できませんでした。

イタリア語ではこの数え方だからか、イタリア人の友人は「ベルギー式のほうが使いやすい」と言っていましたが、フランスのフランス語に慣れてしまっていた私は逆に戸惑いましたね~。

Wikipediaによれば、中世のフランスでは20進法を全ての数詞に使っていたそうですが(例えば30は「vingt-et-dix = 20+10」)、徐々に30(trente)、40(quarante)などが出てきて廃れていき、60まではよかったのだけれどそれ以上の大きい数字は20進法のほうが数えやすくて残った、という説があるとかなんとか・・・。

ちなみに、スイスの一部の地方でもこの数え方だそうです(Wiki情報)。ま、フランスに住んでいると一瞬戸惑いますが、ベルギーに住んだらすぐに慣れるのだと思います。

トイレはひとつ?

よく言われている違いがこれです。

フランスではお手洗いは「les toilettes」と複数形で言いますが、ベルギーでは「la toilette」(単数形)になります。

フランスのお手洗いは汚いから、フランス人は綺麗なトイレを探すためにいくつも開ける必要がある、という笑い話はよく聞きます。

ベルギーのリエージュLiègeで、とあるレストランに行った時、お手洗いを借りたら「お手洗いを済ませたあとは手を洗いましょう!」とわざわざ注意書きが壁に張られていました。

トイレを使ったら手を洗おう

私がフランスで一緒に住んでいたフランス人女子も、トイレの後は手を洗ってませんでしたし、ベルギー人もその辺は似たり寄ったりなんじゃないかと・・・?

でも良く見ると、この張り紙では「toilettes」で複数形ですねぇ。謎。

ベルギー人はせっかち?

更に細かいですが、「○○時15分前」の言い方も、フランスとベルギーで違います。例えば「2時15分前(つまり1時45分)」の場合はこうです。

  • フランス: 2 heures moins le quart
  • ベルギー: 2 heures moins quart

イタリア人友が持っていたとある本(仏語)でこの違いに言及していましたが、「ベルギー人はせっかちだから「le」を抜かすんじゃないか」と書いていました。ベルギー人のことは良く知らないので真相はわかりませんが・・・。

ちなみに「○○時15分」と言うときは、

  • フランス: 2 heures et quart
  • ベルギー: 2 heures et quart

で、どちらにも「le」がつきません。フランス語学習者は、「15分前」には「le」がついて、「15分」にはつかないという、理屈ではわからないこの違いに結構苦労したりします。

数詞もそうですが、ベルギーのフランコフォンの人たちは結構合理的にフランス語をリフォームしているような印象が致しました。

で、ベルギーの仏語に触れてみると、不思議や不思議、これまで習っていた不規則で面倒臭いフランス語(数詞とかmoins le quartとか・・・)にも何故か愛着が沸いてくるんですよね~。

「私はフランスで仏語をやっているんだ!」

というアイデンティティが生まれたのかもしれません!?

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください