Wiktionnaireをサブ辞書に!語彙力アップ

Wikionnaireロゴ最近、仏単語の意味を調べるのによく使っているのが、こちら「Wiktionnaire」です。日本語だと「ウィクショナリー」、フランス語読みだと「ウィクシオネール」?

Le Figaroの記事を読んでいると、たまに「プチ・ロワイヤル仏和」にはない単語が出てきたりします。

わからない仏単語はgoogle検索すると、よくこのWiktionnaireが出てくるので、そのまま愛用しております。

(余談)調べたい仏単語が「プチ・ロワイヤル仏和」になくて、何故か「ジーニアス大辞典」に載っている時もある・・・

いつもの辞書に追加して!

残念ながら、全ての仏単語が日本語でカバーされているわけではありません。カバーされていても、フランス語で読むときと全く同じ内容というわけでもありません。よって、基本的にフランス語で読むことになります(英語でもいいかも)。

私は通常はフランス語で読んでいますが、ついでに同じ単語の英単語もチェックしたい時はそのまま左メニューの「English」を選んで確認。ああ、便利。

特に語源が最初に載っているので、これで結構憶えられます。

例えば、majorer(・・・を増額する、・・・を過大評価する)という単語。「どうもmajoritéとかmajeurに似てるよなー」と思っても、手持ちの電子辞書(プチ・ロワイヤル仏和)にはその関係性は載っていません。

Wiktionnaireによると、語源はこうです。

Dérivé du latin major (« plus grand ») avec la terminaison -er des verbes du premier groupe.

ラテン語のmagnus は「大きくなる」という意味があり、mag- maj-の接頭語を持つ単語は、そこから来ているものも多いらしい(手持ちの「Les étymologies surprises」も同時に開いてチェックしております)。

あらゆる手持ちの辞書とこのWikionnaireをサブに使いこなせば、語彙力もアップ!・・・のはず。

イディオムの由来もOK!

日本語でも色々と言い回しがあるように、フランス語にもイディオムは多く、これがなかなか仏語学習者の骨を折っております。

Wiktionnaireなら、イディオムもばっちりカバーされていて、言葉の由来を学ぶのにとても役立ちます。

例)au quart de tour

プチ・ロワイヤル仏和では、

《話》すぐに、ただちに

ですが、一回辞書を引いただけでは、天才でない限り憶えられません。

Wiktionnaireを見てみましょう。*リンクはこちら

Étymologie
Cette expression provient des manivelles qui étaient autrefois utilisées pour démarrer les voitures.

manivellesは、クランクハンドルのことだそうで(日本語で聞いてもよくわからないので、wikipediaにおまかせ・・・)、昔は車を発車させるために使っていたとのこと。
※ちなみにmani-は「手」を表す接頭語

つまり、au quart de tourとは、「クランクを1/4回転させて車を動かす」⇒「すぐに動く」から来ているのだーーーーと、Wiktionnaireのお陰で理解出来るわけです。

かなり使えます。

というわけで、この大変便利なフランス語のWiktionnaireを、フランス語学習に取り入れてみては如何でしょうか?

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください